更新記事リスト

2018年11月29日
トイレつまりを直したら料金はいくらかかる?を更新。
2018年11月29日
多少恥ずかしくても詰まりはプロに任せた方がいい理由を更新。
2018年11月29日
電話をする時はなるべく細かく状況を伝えるを更新。
2018年11月29日
どこまでなら自力で直せるのかを更新。

トイレのつまりが起こったらどうするか

突然のトイレのつまりは非常に困ります。よくあるのがトイレットペーパーの使い過ぎによるつまり。
これは誰しもが1度や2度経験があるのではないでしょうか。1度詰まってしまうと流しても逆流してきて溢れそうなったという人もいるのではないでしょうか。あわてて再度流そうとすれば、大惨事になりかねません。そんなときはラバーカップでの対処が良いでしょう。そう頻繁に使うこともないかもしれませんが準備しておくことが必要ではないでしょうか。
また何事も用意周到にしておけばそういう事態にならないというのが世の常。常に緊急時を想定しておけば間違いありません。もしラバーカップがない場合、時間をかけて少しずつ何度も流すことによってトイレットペーパーが溶けて流れる事も対処の方法ではないでしょうか。もう1つは排水管の異常によるトイレのつまり。
トイレはライフラインの1つといっても過言ではありません。その場合は、やはり24時間対応の専門業者に修理を依頼することが必要でしょう。前者のように使用して詰まってしまった場合であれば、どうにか対処もできるかもしれませんが、後者の場合は団地やマンションであれば他人に迷惑をかけてしまう可能性も否定できません。すぐに対応することが重要ではないでしょうか。もちろん前者もどうにも解決できない場合はすぐに修理を依頼することが1番の方法でしょう。

トイレのつまりは専門業者へ依頼しよう

トイレのつまりを経験したことがありますか。つまってしまったトイレでは用が足せなくて不便という問題もありますが、それどころか汚水が逆流してくる危険性もあります。もし汚水が逆流してしまったら、片づけが大変というだけでなく、衛生的にも危険ですし、賃貸物件の場合、こちらに過失が認められると敷金が返ってこない場合もあります。
怖がらせるようなことばかり言ってしまいましたが、一般的にすっぽんと呼ばれるラバーカップなどがあれば自分で対処することも可能です。汚水の逆流は、トイレに大量の便やトイレットペーパーを流したり、異物を流した場合がほとんどです。そんな時は、ラバーカップがあれば解決できる可能性が高いです。
しかし排水管のつまりであったり、浄化槽のメンテナンス不足、汚水ポンプの故障がある場合など、ラバーカップ一本ではどうしようもない時もあります。そんな時専門業者に依頼すれば、電話一本ですぐに駆けつけてくれます。365日、24時間対応の業者もいるので安心です。財布にお金が入ってない場合は、クレジットでの決算が便利です。業者によっては修理後の掃除サービスがあります。どうしようもないトイレのつまりは専門業者に修理を依頼してみてください。

トップへ