更新記事リスト

2018年11月29日
トイレつまりを直したら料金はいくらかかる?を更新。
2018年11月29日
多少恥ずかしくても詰まりはプロに任せた方がいい理由を更新。
2018年11月29日
電話をする時はなるべく細かく状況を伝えるを更新。
2018年11月29日
どこまでなら自力で直せるのかを更新。

トイレのつまりは自分では解決できないもの

トイレのつまり。みなさんも一度は経験があるのではないでしょうか。特に何もおかしなことをしていないし、変なモノを流していないにも関わらず、トイレがつまってしまったら、一日憂鬱な気分で過ごすことになりかねませんよね。無理して流そうとしたものなら、場合によっては一度流したものが逆流してくる恐れも。
そうなる前に、もしトイレがつまってしまったら、迷わずに専門業者に修理を依頼しましょう。電話をすれば早ければ数時間、遅くてもその日中に来てくれて、対応してくれるはずです。確かに料金はかかりますが、自分で対応して余計トイレのつまりがひどくなってしまう、取り返しのつかないことになってしまうよりはよいと思いませんか。
専門業者により料金は若干異なるとは思いますが、数千円~で解決することが可能です。時間もそこまでそこまでかかることなく解決してくれます。トイレがつまったということで修理依頼も若干恥ずかしいかもしれませんが、専門業者は慣れっこなので、淡々とかつ、てきぱきと対応してくれますよ。もしつまってしまったら自分で解決しようとするよりも、一度専門業者に電話をしてみることが一番だと思います。

トイレのつまりで困ったらどうしよう

トイレは一日に少なくても五回、多いひとになると十回使用するひともいるかもしれません。使わないひとがいないのがトイレではないでしょうか。水洗トイレだと水の使用料が気になって、節水のために貯めるところにペットボトルなど入れて節水対策されている家庭もあるようです。でもその節水対策いけないらしいです。流す水の量がたらないとトイレがつまってしまうそうです。トイレのつまりは一番困ることです。
自己流の節水対策はダメだそうです。もとから節水機能がついてるトイレならいいのですが。でも、だいたいはすぐに流れてくれてつまったりはしません。トイレのつまり、少しパニックになるし焦ってしまいます。しかし少し時間をおいて落ち着いてどうするか、考えないといけません。トイレがつまってしまったら、つまりをとる道具ラバーカップでまず自力でなおそうと頑張ります。でも流れません。一応、ながれるかもしれないので、もう一度流す。でもつまりはとれない。
そのまま少し時間を置いて待つ。待っても流れてなくてそのままだと、やはり困るので専門業者に修理を依頼しなくてはいけません。やっぱり最後にお願いしなければいけないのが専門業者さんです。

トップへ