更新記事リスト

2018年11月29日
トイレつまりを直したら料金はいくらかかる?を更新。
2018年11月29日
多少恥ずかしくても詰まりはプロに任せた方がいい理由を更新。
2018年11月29日
電話をする時はなるべく細かく状況を伝えるを更新。
2018年11月29日
どこまでなら自力で直せるのかを更新。

トイレのつまりは恥ずかしがらず業者に依頼してみよう

トイレのつまりには、大きく分けて二つの原因があります。水に溶けないものを間違えて流してしまう場合。水に溶けても大きな便が形状の関係でつまって流れなくなったり、トイレットペーパーでも流れないということもあります。また、トイレ自体の水洗のしくみのなかで器具に不具合が起こっているというケースも考えられます。
トイレのつまりといえば前者のことが多いですが、通称「すっぽん」と呼ばれているホームセンターで売ってるカップ状のゴムの吸盤がついた道具で、自分でやってみてもなかなかうまくいかない場合もあります。
そんな時には夜でも電話一本ですぐに対応してもらえる業者へ依頼するのが一番です。
少し恥ずかしいなという想いもあるかもしれませんが、水回りのことですし、トイレが使えないことは生活上大問題ですし、業者の方も仕事ですから何が詰まっていても渋い顔をせず直してくれます。
また、つまりだけが原因ではない場合もあります。他の製品と違い、トイレは一度設置してしまうと、なかなかメンテナンスをするものでもありませんから、思い切って専門業者に修理を依頼するのが得策です。
料金は一般的に数千円で済むはずです。一応電話するときに確認するのがよいでしょう。

つまり!災害時のトイレトラブルは修理業者にお願いがおすすめの理由

ここ数年、大雨による水道トラブルが多発しています。
トイレのつまりも多発トラブルのポイントです。なぜなら家庭内での下水処理の多くを占める重要ポイントだからです。
下水道は通常上からの排水を下水処理場に運ぶために設計されているものであるため、不慮の災害により、例えば大雨なので下水道から氾濫した雨水が、登ってきてトイレのつまりが起こった場合への対処は現在のところ十分ではありません。
近年、水道のトラブルについて、インターネット上や書籍でたくさんの知見が公開されるようになりました。そのため、簡単な補修などであれば、ホームセンターで売られていの工具を使い自分で対応できる例も増えてきました。しかし、ここ二三年多発しているのは、古い水道管の劣化とこれまでに起こったことのないような大雨とが組み合わさった時に起こる、これまでに起こったことのない災害です。
普段は修理が発生してもネットを調べ必要な工具を買って修理出来ていたご家庭でも、重大な災害の場合は難しい場合もあります。
水道工事は工具が特殊であることが多いです。家庭であっても込み入った水道工事をする場合は、部品代を除いた工具代だけで数万円掛かる事があります。専門業者に修理を依頼すれば、もとからの手持ちの工具で済ませてくれます。また、これからの季節、水道周りの工事は冷えを呼び、体に堪える方も多いと思われます。

トップへ