コンサルティング業の採用面接を受ける際には他の企業の場合とは異なる注意が必要になる面が非常に多いものです。その理由は職業柄人に話をすることが重要であると同時に、人の話を正確に聞いて判断する力が重視されるからです。その為、面接に於ける質問には注意する点がたくさんあります。一般の企業の場合には志望動機や自分の得意な分野、あるいは近況などを聞かれ率直に答えることで一定の好感度を得ることができるものですが、この業種の場合にはその回答をするだけではなかなか良い印象を持ってもらえないことが多いものです。ポイントは相手に内容を理解してもらえるような話し方ができるかという点にあります。相手がどのような答えを要求しているのか、その答えを行った時にどのような反応を示すかといった事を常に想定し、先読みと深堀を意識した準備をすることが大切です。

ゆっくりと考えながら答えることが大切です

面接の際には大抵の人は緊張してしまい早口になってしまうものです。又、はきはきとした印象を与えようと敢えて大きな声で話そうとする人も多い物ですが、これはコンサルティング業の採用面接においては逆の効果を与えてしまうこともあるので注意が必要です。その理由は職業柄相手に難しい話をかみ砕いて説明しなければならないことも多いため、ゆっくりと相手の理解を確認しながら話す事が求められるため、早口で話す傾向が有ったり、話す際に興奮してしまうような兆候がある場合には、適性を疑われてしまうことも多いためです。この場合には、ゆっくりと話すように注意することが大切です。その為、早口の傾向がある人は一呼吸置くような訓練をすることが有効です。また、面接官の表情を確認しながら、理解度を探るように話すのが効果的です。

相手が共感しやすい話し方を学びましょう

コンサルティング業は自分の話を相手に理解してもらい、実践してもらうことが成果になります。その為、面接試験に於いても面接官に対して同意をしてもらえるような理路整然とした話し方を心がけることが大切になります。その為、予めストーリーを組み立てて話すことが重要です。しかし、面接に於ける質問にはすぐに答えなければ悪い印象を持たれてしまうことも少なくありません。その為、聞かれた内容に対して出来るだけ多くの内容を答えることができるように自分の知識や経験を整理しておくことが大切です。さらに、話しながらストーリーを組み立てる訓練も有効です。コンサルティング業の採用面接に於いては、面接官を顧客と考えるくらいの心構えが必要です。その上で相手に理解をしてもらうように意識をして話すことが有効な方法です。