企業が継続的な発展を遂げるためには、優秀な人材を採用することが不可欠です。多くの日本企業では新卒者を対象とした選考活動を12月に開始し、およそ1年間という長い時間をかけて選考を行います。外資系企業が基本的に即戦力を求めるのとは対照的です。海外では中途登用が一般的ですが、日本企業は新卒者を登用した後に実務経験を通して教育を行います。基本的に日本企業が新規の人材に求めているのは専門性ではなく成長力です。人材の選考には経験とノウハウを必要とします。コンサルティングなど専門家のサポートにより効率化することができます。企業が人材の選考に費やすことができる時間や人的資源は限られており、効率的に優秀な人材を採用するには専門的な知識とノウハウを持つ専門家のサポートが必要となります。

コンサルタント業界ではどのような人材を必要としているか

コンサルティング会社の仕事は人材選考を自ら行う企業に様々なアドバイスをすることです。選考活動自体を代行するアウトソーシングとは異なり、アドバイスを行うことで企業の選考活動を効率化します。業務の内容は戦略の策定と実務に関するアドバイスです。企業が円滑に採用活動を進めるためには、選考戦略を明確にすることが求められます。そのためサポート会社の担当者には企業と十分なコミュニケーションを行うことができる能力が必要です。具体的に選考戦略を策定するためには企業の経営戦略や求める人材像などを明確にしなければなりません。企業による選考活動をサポートするコンサルティング会社で働く人材には、まずコミュニケーション能力が求められます。また実際の選考活動をサポートするためのスケジュールの調整能力なども重要となります。

面接の際にチェックされるポイントとは

日本企業の多くが新入社員となる人材に成長性を期待しています。より多くの成長性ある人材を採用することが、企業の持続的発展につながるからです。コンサルタント業界においても同様のことが言えます。人材の成長性と関連のある事項が面接の際にチェックされるポイントとなります。例えば将来どのような仕事を成し遂げたいのかという目標や、企業に対する熱意などが重要です。もちろん業務遂行上の基礎的な能力も重要となります。一方で将来の目標や仕事に対する熱意を持つ者ほど就職後の定着率が高まるため、実務経験を通してコンサルティングの専門家になることが期待できます。コンサルタント業界も将来性のある人材を求めています。基礎的な実務能力やコミュニケーション能力なども重要ですが、実務経験を通して専門性を磨くことが期待されます。