企業の抱える課題を解決するコンサルティング業に採用されるためには、求められるスキルを保有する必要があります。ただし一口にコンサルタントの仕事と言っても、色んな種類があります、中には未経験で就けるものもあるので、そのコツを知っておくと役立ちます。まず最も手軽に応募できるのはアナリストです。これはコンサルタントに必要となる情報の収集と分析が仕事になります。いわゆるアシスタントですが、その経験を積むことで一人前のコンサルタントとして独立することもできます。ここで求められるのは確実な情報収集の能力と分析能力です。さらに解決に向けての仮説も必要となるので、まずは課題を正確に理解できることが必要です。数学を学ぶことによって、そのための思考回路を強化させることができます。

まずはアシスタントとして応募すること

コンサルティング業は非常に奥が深く、なおかつ活躍するジャンルも多岐にわたります。企業の戦略を立てたり経営の立て直しをしたり、あるいはITシステムの構築における助言を行なったりします。その基本となるのがアナリストです。これはコンサルタントの助手とも言えるものですが、課題を解決するために必要な情報を集めることが仕事です。未経験で採用されるためには、このアシスタントから始めるのが王道です。下積みを積むことでコンサルタントとして必要なノウハウも身につくようになります。データ分析が得意であれば、さらに必要とされる確率は高まります。まずアナリストとしての能力を備えるためにデータ分析の勉強や、課題解決のロジックを身につける数学の問題に取り組むのが近道であると言えます。

さらに高給を目指すために必要なこと

アナリストからコンサルティング業へと採用されるためには、まず専門を決める必要があります。企業戦略なのか経営支援なのか、あるいは業務効率の向上といったアドバイザーとして活躍するのかなどが挙げられます。自分が興味を持つことに絞ってスキルを高めることが大切です。例えば業務効率を向上させることならば、それほど大掛かりな改革にはなりません。けれどもこれは経営サポートにもつながるスキルが高まるので、経験値を積むことで扱う分野が広まります。まずは中小企業や工場における業務効率化に携わるような会社で採用された上で、スキルを高めることにより独立することも可能となります。まずは身近な課題を解決できるような会社に応募して経験を積むことで、さらに高給を目指せるような会社に就けるようになります。

創立3年目で1万人を超える学生がエントリーする会社による、本物のコンサルティングを行います。 新卒採用にはお金も時間もかかりますよね、本質的な人財マッチングで、効率的な出会いと採用を実現します。 独自のプログラムによって本質的な人財マッチングを! 東京タワーも綺麗に見える三田駅すぐそばにあります! 300社以上の実績を誇る企業向けのサービスをサポートしています。 採用に関するコンサルティングで全力サポート